令和2年度文部科学大臣表彰受賞  コミュニティ・スクール モデル校
         令和3年度文部科学大臣賞受賞    全日本学校歯科保健優良校  
 
 あおもりけんりつもりたようごがっこう     
 青森県立森田養護学校
 太陽にむかってひまわりのように
 
 
 

地域支援

 

所在地

〒038-2817
青森県つがる市森田町床舞鶴喰104-5

TEL:0173-26-2610
FAX:0173-26-3270
Mail:morita-sh@asn.ed.jp
 
  MAP
 


 

カウンタ

COUNTER346253
西北地区特別支援連携協議会とは
 西北地区特別支援連携協議会は、「西北地区の特別な教育的支援を必要とする幼児、児童及び生徒の自立や社会参加に向けて、関係機関が連携し、一人一人のニーズに応じた適切な支援を推進すること」を目的に、西北地区の教育事務所、児童相談所、各市町教育委員会、福祉関係部局、福祉施設や特別支援学校等の担当者が連携しながら、教育相談及び支援体制の整備、特別支援教育の理解啓発に関する研修会や情報交換等を行っています。

 
特別支援教育巡回相談について
西北地区発達相談・教育相談機関案内について
お知らせ
2022/08/02

令和4年度西北地区特別支援連携協議会研修会開催

| by 職員

令和4年7月26日(火)つがる市生涯学習センター「松の館交流ホール」にて、令和4年度西北地区特別支援連携協議会研修会が行われました。折から新型コロナウイルス感染症急拡大となりましたが。防止対策を講じての開催となりました。

 研修会は「発達障害のある幼児児童生徒への支援の実際」をテーマとして、幼児期・小学校期・中学校期、それぞれの段階に応じた支援の実際を、現場で直接指導している先生方から講演してもらいました。

幼児期は、児童発達センターやまぶき園 言語聴覚士 成田光順氏(西北地区エリアアドバイザー)が講演しました。幼児期の対応はことばの面からの不安感からの相談が多いこと、ことばの発達や愛着関係、指導場面での対応など、実際の例を交えてお話しされました。ことばの発達の重要性や支援方法の多様さなどを改めて確認できまし
た。

 小学校期は、弘前大学教育学部附属学校園学習支援室 中村修氏が講演しました。中村氏は、これまでの支援で関わった子供の様子から、全体的に「不器用な子供」が増えていること、発達性協調運動症への対応、ビジョントレーニングのあり方、原始反射など、実際の映像を交えてお話しされました。子どもの支援に向けて、これらの「発達」の視点を持つことで、支援の幅が広がることを感じました。

中学校期は、弘前大学教育学部附属学校園学習支援室 白石公揮氏が講演しました。白石氏は、中学期の課題の特徴や2つの認知処理特性に応じた指導のあり方、それらをふまえた実際の指導事例をお話しされました。中学校期では特に学習面での課題解決が求められることや、そのために校内でどのように連携をすればよいのかを具体的に考えることができました。

今回の研修会には、森田養護学校教職員の他、西北地区の小・中・高校、各市町村教育委員会、保健師、福祉関係者など、子どもの発達支援、教育。療育に関わる方々が多数参加しました。発達段階に応じた講演は、それぞれの参加者にとって得ることが多かったのではないかと思います。開催当日は、猛暑の中お集まりいただき、また感染症対策にご協力いただきましてありがとうございました。


08:30
2022/07/11

研修会のご案内

| by 地域支援部

令和4年度 西北地区特別支援連携協議会 研修会の御案内

 

 

  本連携協議会では、県の重点事業「令和4年度地域における特別支援教育相談体制強化事業」の一環として、「発達障害のある幼児児童生徒への支援の実際」について、標記研修会を開催します。関係する皆様の御参加をお待ちしております。

 

1 日  時   令和4年7月26日(火) 
         13:20~16:30

2 場  所   つがる市生涯学習交流センター「松の館 交流ホール」 

つがる市木造若緑52 (℡ 0173-49-1200

3 対  象   西北地区の小・中・高等学校職員、西北地区の   
         幼・保園関係者、西北地区特別支援連携協議会委
         員、西北地区の福祉サービス事業者

4 日程及び内容 

時 間

内     容

12:45

受付

13:20

開会行事

(1)あいさつ

(2)事務連絡

13:3015:5040分×3

※講義の間に休憩時間
10分を挟みます。

研修会

「発達障害のある幼児児童生徒への支援の実際」

・幼児期 やまぶき福祉会  成田 光順 氏

・小学校  弘前大学教育学部附属学校園 
        学習支援室 中村 修  氏

・中学校  弘前大学教育学部附属学校園 
        学習支援室 白石 公揮 氏

16:0016:25

質疑応答

16:2516:30

閉会

(1)あいさつ

(2)事務連絡

(3)アンケート記入


5 参加申し込み 

別紙「西北地区特別支援連携協議会研修会参加申込書」に必要事項を記入の上、メールまたは上記申込用紙にてお申し込みください。
※締め切り 7月19日(火)

○施設や小中学校の通級指導教室で、実際に発達障害のあるお子さんを指導してきた3人の先生方が講義します。

○「文字を書くことに苦手さがある」「よく友達とトラブルになる」などなど、日頃関わっているお子さんが示す困り感に、どのような指導・支援をしていけばよいか、きっとヒントを持ち帰ることができる研修内容となっております。

○講義の後には、付箋紙に書かれた質問に3人の先生が答える質疑応答の時間も設定しております。

◎ぜひ本研修会にご参加ください!!!


13:49
2022/01/13

令和3年度西北地区特別支援連携協議会第2回運営協議会並びに研修会

| by 職員

 令和4年1月12日(水)つがる市生涯学習センター「松の館交流ホール」にて新型コロナウイルス感染防止対策を講じて第2回運営協議会並びに研修会が行われました。
 参集しての開催は約2年ぶりとなる
運営協議会では、令和3年度事業報告、巡回相談員制度の活用実績、令和4年度活動計画(案)について説明がありました。事業報告では、書面開催となった第1回運営協議会で行ったアンケート結果についても説明があり、同じ職分での情報交換や同じような課題について協議したいという意見から、昨年12月に各市町教育委員会の委員が参集し、西北地区の就学支援委員会について情報交換・協議をする部会を設定し、実施したことも報告されました。
 研修会では、「本人・家族が望むサポート~家族の視点から地域に望むこと~」と題して、弘前医療福祉大学教授 小玉有子氏、ARTIST GOMA氏を講師に招いて講話をしていただきました。前半は、GOMA氏とその母親である小玉先生から、当事者と母親の立場で、幼児期から現在に至るまでの経験や思いについてお話ししていただきました。後半は、研修会参加者からの質問に対して講師のお二人からお答えいただきました。GOMA氏へ絵についての質問が多くあり、「これまで失敗した作品はあるか」との質問に対して「失敗はしない。これまで失敗は一度もない。失敗と決めるのは自分である。」というお答えがとても印象的でした。
 開催当日は、悪天候の中お集まりいただき、また感染症対策にご協力いただきましてありがとうございました。
  


16:20
2021/01/06

西北地区連携協議会第2回運営協議会 中止のお知らせ

| by 職員
 令和3年1月13日(水)つがる市生涯学習交流センター「松の館」にて、開催を予定しておりました標記協議会並びに地区教育支援ネットワーク会議について、年末年始の中南地域及び西北地域のコロナウイルス感染状況を踏まえ、検討の結果、中止することといたしました。直前での中止となり、ご参加予定の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
 また、弘前医療福祉大学教授 児玉有子氏とアーティストGOMA氏の講話を楽しみにしてくださった方も多いかと存じますが、次年度に実現できますよう日程調整を進めて参りたいと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
09:40
2020/07/27

西北地区特別支援連携協議会研修会が開催されました。

| by 職員
 7月27日(月)、森田養護学校体育館において「西北地区特別支援連携協議会研修会」が開催されました。
 あいにくの雨天となりましたが、小・中・高等学校職員や、行政、福祉関係者等、83名もの参加者が一堂に会し、事例発表や講話をとおして、個別の教育支援計画や指導計画の作成・活用について理解を深める場となりました。コロナ禍の中、参加いただいた皆様には、検温や手指消毒、マスクの着用等のご協力をいただき、誠にありがとうございました。
 研修会では、個別の教育支援計画と指導計画について概要説明がなされた後、鶴田町立鶴田小学校の五十嵐由紀先生、青森県立中里高等学校の佐藤和加子先生、青森県立木造高等学校深浦校舎の青山知郁子先生より、各校での活用事例を具体的に分かりやすくご紹介いただきました。
 エリアアドバイザーの伊藤清治氏からは、「支援計画や指導計画は、繋がっていくからこそ価値がある。引き継ぎされた実践を共有し、発信することが必要。学校や関係機関が互いに学び合い、皆が笑顔になるような連携を。」とのお話をいただき、改めて連携することの大切さを学びました。
       
17:02
2020/04/13

令和2年度 西北地区特別支援連携協議会第1回運営協議会について

| by 地域支援部


 コロナウイルスに係る感染防止対策として5月に予定しておりました第1回運営協議会は、中止とさせていただきます。
 7月の研修会は開催が決まり次第通知いたします。


15:23
2020/01/30

西北地区特別支援連携協議会第2回運営協議会

| by 地域支援部

令和2年1月29日(水)つがる市生涯学習交流センター「松の館」で、平成31(2019)年度西北地区特別支援連携協議会第2回運営協議会並びに地区教育支援ネットワーク委員会が開催されました。
 協議会では、今年度の活動報告がされ、次年度の計画について話し合われました。

活動報告では、校内支援アドバイザー 野村 昭夫 氏に、高等学校における特別支援教育の現状と課題についてお話していただきました。
 また、高等学校グループの協議では、「特別な配慮を要する生徒への対応」として、青森県立中里高等学校での実践事例を紹介し、各校の取り組みについて情報交換を行いました。

さらに、各地区で行われた研修会についても報告がありました。各地区の研修会タイトルは以下の通りです。

○五所川原市『平成31年度市教委研修会「Ⅳ特別支援教育研修会」』

○つがる市「令和元年度第2回つがる市教育活動支援員研修会兼西北地区特別
       支援連携協議会つがる市地区研修会」

○鯵ヶ沢町「ことばと発達支援に関する学習会」

○板柳町「板柳町教育支援委員会研修会」

○鶴田町「鶴田町教育支援委員会研修会」

○深浦町「特別な配慮を必要とする児童生徒への支援」

○中泊町「母子保健事業を通じた乳幼児期の発達支援のあり方を考察」

       「発達支援に係る連携体制を考える」

       「発達支援のあり方を深める」
 

 


14:17
2019/08/23

西北地区特別支援連携協議会研修会

| by 地域支援部
    7月29日(月)に森田養護学校体育館において「西北地区特別支援連携協議会研修会」が
開催されました。
  暑い中、保育所、小・中・高等学校の職員や教育委員会、保健・福祉関係等、約90名の方に参加していただき、活気のある研修会となりました。
 「高等学校における特別支援教育の取り組み」について弘前大学教育学部付属特別支援学校校長の川村泰弘氏に講話をいただいた後、「中・高等学校における授業のユニバーサルデザイン」について青森県総合学校教育センター指導主事の千葉新一氏に講演をしていただきました。
 中学校から高等学校への連携した教育を目標として取り組むための内容が盛りだくさんで、今後に役立てていってほしいと思います。



15:19
2019/01/21

西北地区特別支援連携協議会第2回運営協議会

| by 支援教育部
 平成31年1月10日(木)つがる市生涯学習交流センター「松の館」で、平成30年度西北地区特別支援連携協議会第2回運営協議会及び地区教育支援ネットワーク会議が開催されました。
 協議会では、今年度の活動報告の他、校内支援アドバイザー 川村 泰弘 氏に、西北地区の高等学校を巡回訪問した様子についても紹介していただきました。
 また、連携協議会メンバーでのグループ別協議では、各グループで活発な意見交換が行われました。
 







16:36